2018年5月23日 (水)

秘密儀軌ツアー 三ー26ーp

 三巡目の二

 gooブログからのつづき

 準備ができたナポレオンは、導師と共に太陽神界へと出かけていった。そしてそこでも剣術のトレーニングばかりをしていたとのこと。三時間ほど滞在して戻ってきた彼は、光の剣と仕組みの剣の違いを確認してくるのだった。そして仕組みの剣はまだ早いということで、赤城山に返されることになった。光の剣に関しては必要に応じて貸し与えらるので、所有はできないことの説明をすると、専用のサーベルが捨てられないのだった。

 サーベルがないと心もとなくて、恐ろしくてたまらないとのことで、いつまでたっても英雄から降りられないのだった。それは巣くっている鬼のせいだと教えると、びっくりして瞑想室へ入って確認するのだった。そしていることが確認できたらしく、すぐ出てきてそれが何なのか問いかけてきた。思いあがりに巣くう魔物だと教えると、そばで監視しているらしいバラの女王のそのとおりだとの声が聞こえた。

 バンパイアの包囲網は、さらに厳しくなって宇宙中からやってきていた。それは仕組みの総合先導役の指導を受けているからで、彼単独ではとても排除できる勢力ではない。この時点で彼のバンパイア度は、まだ三分の一も残っていた。

                   次はヤフーブログへ。

2018年5月21日 (月)

秘密儀軌ツアー 三ー26ーi

 二巡目の二

 gooブログからのつづき

 月から帰ってきたナポレオンにゆっくり対応しようと思っていたのであるが、寝ている間に無限のエッセンスヘドロらしい透明なエネルギーに取り巻かれていて、こちらも身動きできない感覚となっている。そういうことにこちらは慣れているので恐れはないのであるが、それは今までにはない感じのもので、対応してきたナポレオンは慌てふためいている。

 これからどうすればいいのかと聞くので、そちらの導師に従って四十九日行を続ければいい。そう言ったのであるが、ナポレオンが佐田の指示がほしいらしく、こちらに問いかけてくる。日本には来たことがないとのことなので、一度富士神界に来ておくようにということは以前に言ってあったので、その手配をすることになった。

 ところがたったそれだけの動きに対して、周辺の騒ぎが大変であった。かって英雄に期待をかけていた者達が、あちらからもこちらからも富士山にやってきて、ナポレオンを取り囲むのだった。そこにはバンパイアや伏魔殿の組織のもどきたちも混じっているらしく、どこに落ち着けばいいのかわからなくなるような混乱ぶりだった。

                    続きはヤフーブログで。

2018年5月17日 (木)

秘密儀軌ツアー 三ー26ーb

 gooブログからのつづき

 ナポレオンは未だに世界支配の野望が消えてはいないらしい。バンパイアにはもう飽きたということで、バラの女王とは簡単に切れてしまった。しかしエリゼ宮には居場所がないらしく、どうしたものかということになって、それからまともな人間に戻るための調整が始められることになっていった。

 バラの女王にバンパイアにされてしまったこともあって、ナポレオンは死後まともに四十九日をしていないということだったので、さっそくやったほうがいいということになった。彼のミタマはスサノヲ系の七合目であるとのこと。ミタマの立て直しをしなければフランスの建て直しどころではないということで、さっそくピレネーで四十九日をしてもらうことになったのであるが、三日ほど様子を見たいとのことだった。

 あまりにも早い展開なので無理もないと受け止めたのであるが、バンパイア軍団に襲われるとのことで、それどころではなくなったらしく、一時間もたたないうちに四十九日の行程に出向いていったのだった。そして最初に出向いたのは土星のキリスト教関連の領域であった。キリスト教に悩まされていると思われる選択であった。

                 次はヤフーブログへ。

2018年3月14日 (水)

秘密儀軌ツアー 三ー25ーb

 gooブログからのつづき

 民族の悲願ではあっても現実味のないことをなぜ言うのか、と馬鹿にされるのかもしれないけれども、朝鮮半島の南北統一の問題の背景には、仕組み的な手がかりがあることはあるのである。文鮮明氏が興した統一教会という宗教があり、そこに民族の悲願が託されてあるからである。

 亡くなった文鮮明氏そのものは、残念ながら仕組みの働きができるほど強くはなかった。伏魔殿の使者となって仕組み潰しをしてしまうしかないレベルにまで落ちている。だから彼に期待することはできないし、まだ現場に残されている物質人間の数が多過ぎる。

 彼らは仕組み宇宙的には七台のはじめ宇宙のメンバーなのであるが、現場的には課題をこなせている者はほとんどいない。しかし彼らには親神がついているのである。この場合の親神とは、現場のメンバーとは分身分体の関係にあって、同じ働きをすることができるのである。物質人間に理解できない仕組みごとも、神界の神々には理解することも、受け入れることもできる能力を持っている。そちらの働きを期待しての話ということではあるけれども。

                       続きはYahooブログへ。

2017年12月 8日 (金)

秘密儀軌ツアー 三ー二十四ーd

 グーグルのブロガーからのつづき

 世界では今、表で大活躍している大物達のセクハラ問題が華やかであるが、異次元でもそれは変わりがなく、その調整をするために皆が頭を悩ませている。その件に関してはアーサー王やギネヴェーレばかりではなく、ヒットラーやムッソリーニ、そして昭和天皇組も同様である。色地獄ベースのこの宇宙で生きるということは、ことほどさように難儀なものであることは、今さら解説する必要もないことではあろう。

 異次元の仕組みがらみの方々には、特別調整の方法として、総合先導役がオーナーとなって運営されている、佐田王街の五権の長館という超高級店で、高級ダッチドールとなって働いてもらうことになっている。大繁盛なのであるが、もちろんそこには悲喜こもごもがあるわけである。やりたくもないことを強制されることになるのだから。

 それは仕組みの設定に問題があるからで、作りの悪い宇宙創造の積み重ねで、歪んで狂ってしまった機械群の間違った操作が原因になっている。旧体制宇宙の支配組織は色地獄の下にあるが、きれいにそれが隠されているので、我々の世界でも一生懸命隠す努力が為されている。しかし機械文明が進化すればするほど、世界には色地獄の様相が現れてくる。そしてその色地獄の陰から魔の手はやって来て、欲望追求の悪に染めていく。

                      続きは楽天ブログで。

2017年11月20日 (月)

秘密儀軌ツアー 三ー二十三ーe

 グーグルのブロガーからのつづき


 トランプ大統領が死の商人であることは、このたびの南アジア歴訪で明らかになってきたことであるが、その背景には旧体制の地球支配のシナリオがうごめいている。そしてそれに対応して英王室にマーリン、モードレッド(女魔神)の背後操作が密かに連動してうごめいていることが、最近になってわかってきた。

 常闇はじめ宇宙の本体は、正統派のような活動をするようになってはいるが、太陽系に派遣されている仕組み十神界のメンバーに関しては、必ずしも正統派とは言えない動きが続いている。総合先導役の三度目のバアヤに復帰したガイアと、アトランティスのクレイトウ元王妃は別として、そのほかのメンバーのほとんどは旧体制側の働きを余儀なくされている。

 拡大を続ける旧体制の機械宇宙の流れに乗せられて、アーサー王組の背後に魔の手が依然としてうごめいていて、それが現段階では日本の天皇家にまで及んで来る展開になっている。富士山にマーリン、天皇家に女魔神モードレッドが忍び寄って、伏魔殿による乗っ取り支配が密かに進行しているのである。

                 続きは楽天ブログで。

2017年6月30日 (金)

秘密儀軌ツアー三ー二十二ーc

 グーグルからのつづき

 今回のツアーの内容についてはまだ会員に知らせてもいないし、同意の確認もとってはいないのであるが、とりあえずそうした展開になっているということを報告しておかなくてはならない。きつい仕事なので出来ないと言われてしまえばそれまでであるが、仕組みの会に所属しているということはそうした義務もあるということになるので、こうした課題にも協力してもらわなくてはならない。そういう考え方で現段階では公開して報告しているところである。駄目なら駄目でも結構であるが。

 スセリヒメ神界を代表して仕組み宇宙の役目を務めてもらおうとしているのは、今まではテイタン神族のクロノス組のメンバーだったのであるが、そちらのグループは潰れ方がひどくて調整しにくいため、再編成する形でクロノスの代わりに北欧神話組のスサノヲ・ロキ大神に再構築していただくことになった。実力のあるS会員をスサノヲ神界のティタン神族の頭にすえるわけにはいかないので、潰れ形のステラ組の代表にして仕組みの課題をこなしてもらうことにしたのである。

 そういうやり方をすると、十組の仕組み神界は全面的に再構成されることとなり、太陽系がらみの佐田宇宙の仕組みが成り立つことがわかったので、スセリヒメ神界のステラ組も代表を代えて、仕組みの会のS会員を抜擢することにしたのである。ほかの組の場合も、潰れている代表の代わりに仕組みの会の実力者を抜擢することにしたので、調整しつつ様子を見ながら公表していくことにしている。これは佐田宇宙の十組であるため、現段階では佐田宇宙以外のメンバーが入ってくることはない。

                          続きは楽天で。

2016年11月26日 (土)

秘密儀軌ツアー 三ー二十一ーb

 ヤフーからのつづき

 エリザベス1世が佐田のバアヤになった背景には、アーサー王のかけらを現英王室のひ孫に取りつける動きがあって、それを防ぐ仕組みの流れがあったと思われる。英国人のアーサー王復活の夢に乗せて、モーゼ・マイトレーヤーがらみで仕組みを乗っ取ろうとする、旧体制側の仕掛けが表に出ようとしていたことが原因でもあったのだろう。

 モーゼの場合は、佐田の奴隷となって課題をこなそうとする調整もなされていたが、セット女のアロンボ(アロン)大神の神行が進行している段階では、同時進行は無理であるとの判定がなされてしまった。そのこともあってモーゼが再びマイトレーヤーの背後に回ることになってしまったという事情がある。

 地球人類の進化の流れは今宇宙科学文明の開花の時にあって、仕組みエネルギーが躍動している真っ最中である。物領賢者コース三代の中心にある、科学者の仕組みのエネルギーを食い荒らそうという旧体制側の思惑は、地球世界の表に現われて、世界の政治を動かそうとしていた。

 

 

                      次は楽天で

2016年11月 6日 (日)

秘密儀軌ツアー 三ー二十ーe

 ヤフーからのつづき

 マレーネが辛抱して残ったのを尻目に、ヒットラーはさっさと七台宇宙へと進化していった。仕組みは次の段階に入っているのであるが、出遅れているのは昭和天皇組とムッソリーニ組で、昭和天皇組は神行中なので止むを得ないとしても、ムッソリーニの場合はとどこおりの原因がまだつかめないままのようである。

 それでもムッソリーニは元宇宙の代表権を行使して、二度目をこなし終えているとのことであるが、まだ地球での仕組み潰しのツケが払えてはいないため、進化が遅れているようである。そこのところの確認をこちらでもするのであるが、なかなか思うように調査が進まない。

 この組のとどこおりの原因は、潰し役をやらされた法王庁の教皇の隠し子であるキクリヒメ系の女性なのであるが、その女性の正体がなかなかわからないからであった。今回そこらあたりが少しずつほどけていったので、その秘密儀軌を暴き出しておこう。

 以前彼女はクムラン聖団がらみではないかとの情報であったが、今回は薔薇十字団だと言い出した。そしてそこを追求して行き着いたのは、法王庁の教皇の精鋭部隊であるイエズス会であって、クムランとも薔薇十字ともかかわりのある大元宇宙系ユダヤということであった。

 ムッソリーニは元宇宙系、キリストと同系の正統派、女性はイエスと同族の神秘主義者。彼女は媚薬も作れる魔女系の女性で、それをムッソリーニにも飲ませたそうである。バンパイアでなければいいのだが。

 

                      次はエキサイトで

2016年6月23日 (木)

秘密儀軌ツアー 三ー十九ーd

 ビッグローブからのつづき

 ナポレオンが変に弱々しいのでちょっと気に入らないのであるが、どうもそこらはもぐりのウイルスらしいので止むを得ないのかもしれない。寄生生命体のウイルスやカビ類の情報は、現時点では嘘やたぶらかしが多いので、そこらあたりはとことん確認しないと大変なことになってしまう。ジョセフィーヌなどはもぐりのカビがしゃべっているので、なおさら信用できないのである。

 しかしまったくの嘘かと言えば必ずしもそうではなく、そこに本体の意思があっての動きだと思われるので、それを掘り出さなくてはならなくなるのである。ジョセフィーヌがバンパイアだというのは寄生のカビ族の発言であるが、本体の第一皇后はそこまでは行っていないが、そちらに向かいつつある、くらいの感じであって、あながち嘘八百とも言えなくなるのである。

 今回佐田に最初に働きかけてきたのもウイルスだったのであるが、その背後にナポレオン本体の意思があることはあって、自分が何かおかしいので接触を試みたということであった。以前佐田と交流した時から自由に動けるようになっていたのだそうで、あちこち出歩いてはいたが、第一皇后につかまってしまって何かが変なのだという。

 彼には宗教心はないし、仕組みにも興味はないけれども、そういう変なことの場合は、佐田の方へ気持ちが向かうのだそうである。それでそこらあたりのことを知りたいのと、対処法の確認をしてきているということであった。

                            次はエキサイトで。

«秘密儀軌ツアー 三ー十八ーd