2019年5月16日 (木)

ナポレオンの四十九日行 十五巡の四

 エキサイトブログからのつづき


 ノートルダム寺院の火災のあとも、何かが起こるのではないかと思っていたのであるが、あまり激しいことが起こらないので、そのまま穏やかに終わるのだろうと日がたつのを待っていた。ところがイタリアでそれなりのことが起こっていたのだという。日本ではあまり関心がもたれてはいなかったけれども、イタリア経済に異変が起こっていたのである。そのこともナポレオンが原因なのだという。マフィアのアメリアにもかかわりがあるのかもしれないが、南欧出身のナポレオンが原因らしい。本来は起こらないことが起こったらしい。
 そのことはともかく、四十九日は当人にとっては穏やかに普通に過ぎていったようで、影響を受けた側はナポレオンのせいだと攻め立てたようであるが、その場合は必ずしも四十九日側にあるとは言えないのではあるまいか。それよりこの間に面白いことがわかってきた。ナポレオンは自然派であるが、彼はロシアの冬に負けたとされている。自然神が自然に負けるというのはどう考えてもおかしい。彼は冬の寒さに負けたのではない。偽者の自然に負けたのではあるまいか。
 地球の自然は本来の自然ではない。誰にもわからないことではあろうが、地球の自然は旧体制の機械がコントロールしている偽物なのである。そして彼の寒さは外からのものではなく、内側からのもので、その場合は何を持ってきても防ぎようのないものなのである。彼は何かを間違えたか、自覚が足りなかったと思われる。

                             続きは楽天ブログで。

2019年5月10日 (金)

縄文はじめ宇宙のメンバー探し 12

第十二拠点 グーグルのブロガーからの続き

 

 日峯大明神はナポレオンと同じで、過去の宇宙時代に佐田に対してよからぬことをしでかしてしまっているように思われる。実力があるだけに余計そういうことが起こってしまうことが周り中にあることは、はねっかえりと呼ぶ実力者達がコロコロやられてしまうことでもよくわかる。

 その背後でうごめく者が鵺(ぬえ)だということになると、かなりやっかいなことになる。鵺とは、機械体制に食われてしまった源の成れの果てで、無ルール無秩序、そして悪なので、少々の実力では対抗できない。ほとんどの宇宙がお手上げ状態になって廃墟化しているのでも、そのことがよくわかる。そちらに対抗するためには、こちらが源の善の側に立つしかない。しかし源は食い潰されてしまってもうない。

 日峯大明神をとっちめるためには、少々の対抗策では追いつかない。それなりの知恵がいるのであるが、首をはねたり、追い立てることはもうやり過ぎていて、それではとても追いつかないので、新しい手を考えることにした。夏目鏡子さんが新婚生活を始めてしまったので、そちらを尊重することにして、日峯大明神がやり終えて解消した日本の神社の五十か所に、総合先導役のこちらが仕組みの光を注ぎ込むことにしたのである。出歩かなくてもできることで対抗するしかないからである。

 

                                次はgooブログへ。

2019年4月22日 (月)

縄文はじめ宇宙のメンバー探し 4

 楽天ブログからの続き

 先日(四月十二日頃)無源から降りてきた三パーセント(全体の二・五パーセント)の先行佐田組のなかに、縄文のスサノヲとスセリヒメとオオクニヌシの三名が入っていた。その三名と残留している縄文メンバーとの関係を探らなくてはならなくなっている。今回降りてきたスサノヲはおそらく元親系で、ラスプーチンは代理親系だと思われる。
 ここに来て元親と代理親の問題がクローズアップされているが、この問題は最初から指摘されている事実であるが、現段階でそれが問題になってきているのは、その問題を抜きにしては仕組みの正確な形が見えなくなるからである。我々の太陽系宇宙の仕組みの場合は、代理親系が中心になっているということで、この形はないわけではないが全宇宙では一般的なものではないという。
 縄文はじめ宇宙のメンバー探しというこのツアーを、日本のメンバーからではなく、外国のスサノヲから始めさせられたのは、トップを取ろうとするキクリヒメや突出するはねっかえり神という、スサノヲとキクリヒメの特別な性格からなのだろうと思われる。ロシアのラスプーチンの強烈な性格に対応していると思われる元アメリカインディアンのポカホンタスも、かなりのはねっかえり系である。両者ともどもに今顔を出そうとしているけれども、まだ被り物を脱ぎ捨てることができないでいるので、次は降下したスセリヒメと日本のスセリヒメの比較をしてみることにしよう。

                             次はBIGLOBEウェブリブログへ。

2019年3月 5日 (火)

ナポレオン大神とアメリア大神によるつぬぶて山神行29

 エキサイトブログからのつづき

 

 つぬぶて山神行 二十九番 磐梯山

 

 磐梯山に、ナポレオン大神、アメリア大神のお出ましをいただきまして、つぬぶて山神行のお務めをいただきました。お立ち会い致しました、十神界でございます。

 両大神ご健勝であられまして安堵致しました、そう申し上げますと、行着を工夫しておられましたらさらに良いものをとの申し出をいただき、最初の頃には考えられない身の軽減となっておりますと申されまして、お定め致しました御神座にお進みになられました。私共はよく拝見なりまする場で身を守る事と致しました。

 両大神はまずは身を定めまする場の浄化に取り掛かられまして、どんどん広げられてゆきまして、ご神行に入られました。つぬぶて山を心地良いとされますやからの襲撃も受けましても、怯える事なく祈り深めてゆかれました。

 生じますみ光どんどん強くなりますと、つぬぶて山にも精霊が存在する事がわかりました。磐梯山に極みのみ光満ちあふれ生じ続けまして、ご神行成就致しました。ご確認致しました。

                           十神界

 佐田靖治御大師

                      神行日 平成三十一年三月三日

 

 

                           続きは楽天ブログ

2019年2月13日 (水)

アーサー王の生まれ変わり1

 一回目

 前回の続きというわけではないけれども、仕組みが大幅に躍進している陰から、またまた新しい真実らしいものが現れてきた。今度は英王室のひ孫のことで、現女王のひ孫の長男ジョージ王子は、アーサー王の生まれ変わりではないか、という大きな問題に関してのことである。

 この問題は以前からこちらの秘密儀軌ツアーでも取り上げてきていて、マイトレーヤーなどがからんでくるので、それなりに大変な課題となっていた。今まではこちらの調べる範囲ではアーサー王とのからみがないとされてきていた。ところがここに来て変な展開となっている。

 アーサー王伝説には北と南の別伝説の流れがあり、今まではその区別がよくわからなかったのであるが、ここにきてやっとそのことの背景がわかり始めている。そこには六台宇宙の盟主であるアーサー王はじめ宇宙と、ドルイドの背景にある常闇はじめ宇宙の別伝説という問題があったのである。

 

                 続きヤフーブログで。

2019年1月16日 (水)

ナポレオン大神とアメリア大神によるつぬぶて山神行23(4と重複)

 エキサイトブログからのつづき

 つぬぶて山神行 四番の二(重複) 雲取山

 雲取山にお出ましになられました、ナポレオン大神、アメリア大神のご様子は、雲取山でも見る事の出来ない探検家のような出で立ちであられました。つぬぶて山神行のお立ち会い致しました、十神界でございます。

 まずはご挨拶のお務めいただきました。のちの薬酒は雲取山ゆえに作る事が出来ました、特別な薬酒をご用意しておりますと申しますと、ありがとうございます、心強く思いますと申されまして、御神座へとお進みになられました。確かにあのような身支度ゆえ、歩み進められるとも思い後に続きました。

 お定まりなられまして、気合い入れまして切る切る切りまくります、邪気取り憑かれぬために生じますみ光、さらにさらにと変化致しまして、その時の長きを費やしました末に、生じましたつぬぶて山神行、成就のみ光ご確認致しまして、ご報告申し上げます。

                           十神界

 佐田靖治御大師

                      神行日 平成三十一年一月十三日

                           続きは楽天ブログへ

2018年11月27日 (火)

ナポレオン大神とアメリア大神によるつぬぶて山神行17

楽天ブログからのつづき

 つぬぶて山神行 十七番 工石山(南)

 謹みましてご報告申し上げます。

 つぬぶて山神行のお務め致します、ナポレオン大神、アメリア大神たいそうお疲れとの事を伝え聞いておりましたので、案じつつお出迎え致しました。工石山でお務めいただきました、つぬぶて山神行お立ち会い致しました、十神界でございます。

 御両神は、それは気力満ちあふれておられまして、安心致しましたと申し上げますと、お山の薬草薬酒をいただきましてよみがえりました。日本国には素晴らしいものがありましたと申されまして、御神座にお定まりなられまして、力強い祈り重ねられました。

 生じますみ光強く多くを繰り返しまして、工石山につぬぶて山神行成就致しました。極みのみ光満ちあふれ生じ続けました。ご確認致しまして、ご報告申し上げます。

 工石山 に蓄えてあります薬酒と薬草振る舞いましたところ、たいそうお喜びいただきました。

                           十神界

 佐田靖治御大師

                      神行日 平成三十年十一月二十五日

                        続きはヤフーブログで。

2018年11月 8日 (木)

秘密儀軌ツアー 三−26−c14

 ナポレオン49日行 十四巡目の三

 gooブログからのつづき

 ガニメデは大きな星で十神界扱いされているとはいえ、衛星であることに変わりはなく、世界レベル的には月以下の堕落界となっている。この星は木星の衛星なのでそちらとの回路が開かれているはずなのであるが、木星が潰れ形になっているせいで、木星には行かれないとのことであった。そのため月へ上がっていかなくてはならないのだという。

 月へ上がっていくのは進化の行程だと思われるが、下降するコースがはっきりしない。木星が旧体制に乗っ取られて仕組みの正常な流れがとどこおっているせいでもあるのか、伏魔殿の色地獄に落ち込んでいるのかもしれない。

 ナポレオン組もそこまでの調査ができないまま、何もしないで帰ってきたように思われるが、それは佐田が自分の生活レベルの活動をしていて、十分に対応できてはいなかったことが原因だったのかもしれない。

                  続きはBIGLOBEウェブリブログへ。

2018年10月30日 (火)

ナポレオン大神とアメリア大神によるつぬぶて山神行13

 gooブログからのつづき

 つぬぶて山神行 十三番 風越山

 謹みましてご報告申し上げます。

 風越山に、ナポレオン大神アメリア大神お出ましをいただきまして、つぬぶて山神行のお務めをいただきました。お立ち会い致しました、十神界でございます。

 御両神のご衣裳が、つぬぶて山神行用に致しましたと申されますように、特別なのでございます。つぬぶて山神行をここまで大事と思っていただきますことに頭(こうべ)下がります。お定め致しました御神座にお定まりなられまして、集いましたさまざまなります者達をおびえますことなく、ご神行お務めのご挨拶致しまして、御両神息合わせましてご神行に入られました。

 み光の変化はさほどありませんでしたが、祈り深められますことしばらく継続致しますと、み光激しく変化致しまして、風越山につぬぶて山神行成就致しました。極みのみ光満ちあふれ生じ続けました。ご確認致しまして、ご報告申し上げます。

                           十神界

 佐田靖治御大師

                      神行日 平成三十年十月二十八日

                        続きはBIGLOBEウェブリブロクで。

2018年9月15日 (土)

ナポレオン大神とアメリア大神によるつぬぶて山神行6

 gooブログからのつづき

 つぬぶて山神行 六番 三原山

 謹んで佐田靖治御大師、ご報告申し上げます。

 三原山に、ナポレオン大神、アメリア大神のお出ましをいただきまして、つぬぶて山神行のお務めをいただきました。お立ち会い致しました、オオクニヌシ大神でございます。

 両大神におかれましては、このご神行に取り組まれます意欲に満ちあふれたるご来山であられまして、ご用意致しました御神座にお定まりになられまして、正礼致しましてご神行に入られました。

 生じますみ光にて、出てくる出てくるたくさんのやからにも驚かれることなく、祈り深められますほどに生じますみ光、強く多くと激しく変化致しまして、三原山につぬぶて山神行成就致しました。証(あかし)の極みのみ光あふれ生じ続けました中、憔悴致しました女神の登場は、衝撃でありましたことも、ご報告致します。

                           オオクニヌシ大神

 佐田靖治御大師

                      神行日 平成三十年九月八日

                        続きはBIGLOBEウェブリブロクで。

«ナポレオンとアメリアの結婚式3