2020年6月25日 (木)

始皇帝と金期気(きんごき) 29

 BIGLOBEウェブリブログからのつづき

 金柑に託されていたイスラエルの秘宝のすべてが佐田の元に移行してきたのは六月八日のことであったが、佐田はそのすべてを買い取って、彼らの潰れた使命のすべてを身に負うことになっていった。それは縮図日本で確立されなくてはならない仕組みであり、まだ未完成の大和の仕組みの全体であった。
 連動して大倭姫と倭姫による五十鈴神行が進行し続けていくわけであるが、総合先導役の佐田宇宙の仕組みに対応させると、それはもう過去のものであって第一幕であるに過ぎない。ガイアとかガネーシャ、あるいは元クレイトウ王妃といった常闇はじめ宇宙五の六台レベルの課題であって、これからは第二幕六の六台の縄文はじめ宇宙が中心になって進む仕組みへと、発展していかなくてはならない課題に進化しているのである。
 イスラエルの秘宝が佐田に託されたということは、その第二幕の課題がその秘宝に込められていく展開となるわけで、金柑組にとってはもはや縮図日本を超えて、今後の地球を支配しようとする中国に対する課題へと発展していくことになるのである。そのための特訓が始められているのであった。

               続きは楽天ブログへ。

2020年6月23日 (火)

ナポレオン大神とアメリア大神によるつぬぶて山神行 82

楽天ブログからつづく

 

つぬぶて山神行 縮図日本から世界へ

 

二十五番  パラミヨ山(コロンビア)

 

 パラミヨ山にナポレオン大神、アメリア大神お出ましいただきまして、つぬぶて山神行のお務めをいただきました。お立ち会い致しましてご報告申し上げます。十神界でございます。

 両大神私共にご挨拶に来られまして、さまざまと語られましたなかで、この頃つぬぶて山の真髄に接することが出来まして、学びを深く致しましたと申されました。それはつぬぶて山に限りませず対応致します方の実力は、しかと把握致しましての事でありまして、神行計画というものの正しい構築なりますか否かが、成就につながりますと申し上げました。

 常に浄化出来ます自神でありますこと目指しまして、神行のお務め致しますと申されまして、御神座へお進みになられました。お定まりなられましてご神行に入られますご挨拶と、不浄との格闘は同時でありまして、生じますみ光の活躍は華々しくありました。両大神の対応も素早く、互いに全力で仕切りまして、パラミヨ山につぬぶて山神行成就致しました。証(あかし)の極みのみ光生じまして、両大神ご神行を納めました。ご報告申し上げます。

                        十神界

 佐田靖治御大師

                  神行日 令和二年六月二十一日

 

                      仲介者 小野恵里子

                      審判者 佐田靖治

 

               続きははてなブログへ。

2020年6月16日 (火)

始皇帝と金期気(きんごき) 22

 BIGLOBEウェブリブログからつづく

 金柑が忍野の寮の一人部屋で紫禁城での予定を瞑想していると、突然そちらに連れ出されて行って、そちらでの活動が始まったのであった。ところが何事につけても思い上がりが強いし、協調性がないので皆に嫌われて追い出されてしまったのだった。
 もちろんそれは操作されてのものでしかなかったのだけれども、何一つ自分の思うようにいかない事が嫌になって、寮に帰ると色街の仕事にも行かずに金柑はふて寝してしまったのだった。
 茶断ちのトレーニングは二時間でパー、そのほか何をやってもうまくいかない。佐田も最初はそうで、見るべきものは何もないと馬鹿にされていたと慰めてみても収まらない。そしてとうとう佐田に逆らって落ちていったのだった。その時金柑からイスラエルの夢と言われる髪飾りが抜け出して、佐田のもとへやってきた。
 それと共に金柑は堕落界脱落界へと落下していき、前回の五千段から七千段まで落ちていったのだった。そして周りのメンバー達、徐福や韓非までが狂い始め、佐田にそっぽを向いてしまったのだった。

             続きは楽天ブログへ。

2020年6月13日 (土)

佐田の元親父と稲荷神行 25

 エキサイトブログらつづく

 佐田の元親父大神の稲荷神行(つぬぶて山)
 十六番 三瓶山

 三瓶山に元親父大神お出ましになられまして、元親父の稲荷神行をお務めいただきました。お立ち会い致しました、十神界でございます。
 元親父大神ご挨拶いただきまして、つぬぶて山の態勢構築致しません御山も、日本国にはあると伝え聞きましたと申されました。ないと公式に申さねばなりません。理由のあります御山もありましたり、事情はさまざまでありまして、全くありませんと申されますことは、たいそうなことと心得ておりますと申し上げまして、御神座へお勧め致しました。御神座にお定まりなられました元親父大神、ご自神の調整致しまして正礼深く致しました。
 ご神行に入られますと、生じますみ光緩やかに変化始まりまして、強く多く激しくを重ねてゆきますと、祈りさらに深めてゆかれまして、その継続致しましたのち、三瓶山に元親父の稲荷神行成就致しました。証(あかし)の極みのみ光満ちあふれ生じました。ご確認致しましてご報告申し上げます。
                        十神界
 佐田靖治御大師
                  神行日 令和二年六月十一日

                      仲介者 小野恵里子
                      審判者 佐田靖治

                続きははてなブログへ。

2020年6月 8日 (月)

始皇帝と金期気(きんごき) 15

 BIGLOBEウェブリブログからのつづき

 腹が座っているというか、居直ったと言えばいいのか、金柑はこちらの言うことを素直に聞いてその通りをやるではないか。佐田の値踏みをしていると言えばそれまでであろうけれども、お互いを知るためにはそうして実際に動かないと明白にならないので、それはそれでこちらも満足なのであった。
 そうして二十分もたったころであろうか、堕落脱落コースを一気に五千段まで下りて行ったところで、もうこれ以上は無理だと音を上げたので、こちらに逆らったけじめをつけるために月まで戻されて、処刑処罰が行われたのであった。五千回が二回、佐田に逆らった分と過去に堕落して月まで落ちていた分、それと木星調整分五千回、合わせて三回の処刑処罰がなされたのだった。
 それは六月三日のことであったが、そこまでの調整をすることで五合目まで上昇し、やっと地球の幽界にたどり着き、皆と合流できることになったのであった。それに対応している金玉は、仏界神となって中国の兵馬俑の中に隠れるのだった。もちろんメッキでしかないのだけれども。

             続きは楽天ブログへ。

2020年5月29日 (金)

始皇帝と金期気(きんごき) 8

 BIGLOBEウェブリブログからのつづき

 

 それからの金期気さんは最初は目新しいこともあってか、順調にレベルを上げているかに見えた。周りには中国の活神たちがいたし、レベルの高い仕組みの神々も立ち会っていたし、日本の神々も迎えに出向いていたようだったので、すぐに四合目までは上がって行ったのだった。 
 ナポレオンが四十九日行で木星に行った時には、何やら得体の知れない世界であるように思われたが、金期気さんがいる木星にはそれなりの世界があるように思われた。結局中国の科学者たちが潰れて落ちていたり、上がれない先祖方や落ちた神々などがたくさんうごめいていたりしていたわけではあったが。
 セット夫の始皇帝は仏界神では火星に落ちてしまうので、霊界人間となって地球にとどまろうとしているようだった。陵墓の始皇帝の像の中にいることが多いようであったが、金期気さんも人間になって紫禁城に戻ろうとすると、火星の鬼子母神になってしまうのだという。そういうこともあって木星での修業の成果が待たれるのであった。

                続きは楽天ブログへ。

2020年5月20日 (水)

始皇帝と金期気(きんごき) 1

 令和二年五月十四日のことであった。中国の潰れ先導役のスセリヒメがこちらに働きかけてきた。会いに出かけた大倭姫(トヨスキイリヒメ)を追い払った女性である。そして何かを訴えようとしているのであるが、妨害が激しくてなかなか内容がつかめない。しばらくすったもんだして少しずつわかってきたのであるが、彼女は怒鳴りつけはしたけれども追っ払ったわけではないと言う。
 それでは何をしたのかと問いかけると、被り物を被っているので恥ずかしい思いをしているのがわからないのか、そんな感じでいらだって叫んだだけだとのこと。そんなようなことを言っているらしいが、その間にこちらには朱色の靄(もや)のようなもので包まれているような感じがあるので、怨念の固まったような女になってしまっているのではないのかと問うと、当たり前だと怒鳴り返してくる。日本に行かせてくれなかった始皇帝に対する怨念なのだという。
 ニブツヒメ(丹生都姫)化しているのかと問うと、どんな色なのかと聞いてくるので、朱色で魔神だと言うと被り物を脱いで、そうかもしれないが、それならどうすればいいのかと聞いてきたので、逆巡りをすればいいと答えた。するとあっという間にそれをやりだしたではないか。

               続きは楽天ブログへ。

2020年5月 7日 (木)

ナポレオン大神とアメリア大神によるつぬぶて山神行 75

楽天ブログからつづく

 つぬぶて山神行 縮図日本から世界へ

 二十一番 マッターホーン

 

 マッターホーンにナポレオン大神、アメリア大神のお出ましをいただきまして、つぬぶて山神行のお務めをいただきました。お立ち会い致しました、十神界でございます。

 両大神の行着は、マッターホーンにふさわしい光あふれる行着であられました。ご挨拶致しまして、私共はその場にて、両大神は御神座へお進みになられました。御神座の扉開かれましてお定まりなられます場広く、両大神これよりご神行の態勢に入られました。つぬぶて山神行にて静かなる進行は初めての事ですと見つめておりますと、高きより赤銅(しゃくどう)色のみ光の剣(つるぎ)落ちてくるのではありませんか、息飲む私共。

 両大神、祈る両手より出でまします極みのみ光なります剣(つるぎ)、乱舞い致しますつぬぶて山、赤銅色の剣(つるぎ)消滅致しまして、ご神行さらなります継続致しました。マッターホーンにつぬぶて山神行成就致しました。証(あかし)のみ光生じました。ご確認致しまして、ご報告申し上げます。

                        十神界

 佐田靖治御大師

                  神行日 令和二年五月三日

 

                      仲介者 小野恵里子

                      審判者 佐田靖治

 

                続きははてなブログへ。

2020年4月25日 (土)

佐田の元親父と稲荷神行 18

 エキサイトブログからつづく

 元親父大神の稲荷神行(つぬぶて山)
 九番 焼山

 焼山に元親父大神お出ましになられまして、稲荷神行のお務めをいただきました。お立ち会い致しましてご報告申し上げます。十神界でございます。
 元親父大神のお出迎えに、眷属のお狐さんが、出会いは可愛らしい子狐さんよりどんどん大きくなりまして、私共のもとへと繋がりましたるに、元親父大神わかりやすいと申されまして、私共とご挨拶致しまして、整えました御神座にお勧め致しました。たくさんのお狐さん集いまして、元親父大神ご神行に入られました。正礼深く致しましたのち、しばらくご自神の調整致しまして、祈り深めてゆかれました。そのお姿を集いましたさまざまと共に、お狐さんも見ておりました。
 ご神行七割を修めました頃、生じますみ光変化始まりまして、焼山に元親父大神の稲荷神行成就致しました。証(あかし)の極みのみ光生じました。ご確認致しまして、ご報告申し上げます。
                        十神界
 佐田靖治御大師
                  神行日 令和二年四月二十三日

                      仲介者 小野恵里子
                      審判者 佐田靖治

 

                           続きははてなブログへ。

2020年3月10日 (火)

ナポレオン大神とアメリア大神によるつぬぶて山神行 67

 エキサイトブログからつづく

 

 つぬぶて山神行 縮図日本から世界へ

 

 十三番 ゴッドホープの北の丘(グリーンランド)

 

 ゴッドホープの北の丘にお出ましになられました、ナポレオン大神、アメリア大神、美しい風景をしばらく見つめておられますと、あふれるほどの精霊達が集まって来ました。両大神の身支度を見ましても、これまではあり得ぬことでありますが、それほどに美しい場でありまして、私共とてもしばし見入ってしまいました。ゴッドホープの北の丘にお務めをいただきました、つぬぶて山神行のお立ち会い致しました、十神界でございます。

 両大神とご挨拶致しました時は、もう精霊達はおりませんでした。両大神は整えられておりました御神座へと、私共は離れた場ではありますが、よく見る事の出来ます場へと進みました。このような美しい場ゆえに、不浄あふれるつぬぶて山は御神座とは名ばかり、両大神祈り深められまして、生じますみ光をさらに確かと致します祈り強められて、定まります場を広くされてゆかれました。冷静な祈り深められます時は続きましたのち、ゴッドホープの北の丘につぬぶて山神行成就致しました。証(あかし)の極みのみ光満ちあふれ生じ続けました。ご確認致しまして、ご報告申し上げます。

                        十神界

 佐田靖治御大師

                  神行日 令和二年三月八日

 

                      仲介者 小野恵里子

                      審判者 佐田靖治

 

                  楽天ブログに続く。

«佐田の元親父と稲荷神行 11