« 秘密儀軌ツアー 三ー26ーb4 | トップページ | 秘密儀軌ツアー 三ー26ーb6 »

2018年5月26日 (土)

秘密儀軌ツアー 三ー26ーb5

 五巡目の二

 gooブログからのつづき

 赤城神社での特別浄化があったあと、ヨーロッパの山の盟主マッターホルンに、ナポレオンは招かれて出かけていった。彼の拠点をピレネーからマッターホルンに移す試みがなされようとしていたが、なかなかうまくいかないので、どういうことなのか調べてみたところ、旧体制側に牛耳られたひどいものであることがわかってきた。

 ピレネーからマッターホルンに移ることは、そこにヨーロッパ一の処刑場があることでもあり、一見いいことのように思えるのであるが、結局は正統派のナポレオンを封じ込めるための移籍のようであった。正統派のメンバーのいるまともな場所には行かせてもらえず、伏魔殿のキリスト教徒が支配する牢獄のような場所に置かれたからである。

 どうにかしてほしいとこちらに依頼があったので、無理やり正統派の仕組みメンバーのいる場所に移ってもらったところ、それに対する反撃がものすごかった。ルビ付きの日本語の本を手渡してそれを読めと指示してきたとのことだけれども、それはやさしい子供向けのナポレオンの伝記で、彼の思いあがりを助長しようとするものであった。つまり彼の中に鬼を送り込むためのものだったのである。

 

                   次はヤフーブログへ。

« 秘密儀軌ツアー 三ー26ーb4 | トップページ | 秘密儀軌ツアー 三ー26ーb6 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1961729/73560135

この記事へのトラックバック一覧です: 秘密儀軌ツアー 三ー26ーb5:

« 秘密儀軌ツアー 三ー26ーb4 | トップページ | 秘密儀軌ツアー 三ー26ーb6 »