« 秘密儀軌ツアー 三ー26ーb3 | トップページ | 秘密儀軌ツアー 三ー26ーb5 »

2018年5月25日 (金)

秘密儀軌ツアー 三ー26ーb4

 四巡目の二

 gooブログからのつづき

 刑期を終えるまでにそれほど時間はかからなかった。二時間ほどで出てきたナポレオンに、過去のアーサー王宇宙で潰れて犯した罪のツケも、自分の分と佐田に対する分、返済をしておくようにという課題を出すと、涙ぐみながら取り組むのだった。

 それが終わったときのナポレオンのミタマのレベルは、星の八合目まで昇っていた。太陽へは自由に行けるレベルで、やっと純粋な若い頃の思いを超えたことになったわけであった。疲れた彼はピレネーに帰ると、六時間たっぷり眠るのだった。

 そして五月二十二日、佐田の導師補佐で始められた四十九日は八日目に入っていた。その日の朝の宇宙の公式行事では、ナポレオン饅頭が売り出されたが、バカ売れに売れ、皆がおいしいおいしいと大喜びで食べたのだった。総合先導役の立場から見ると、彼は宇宙のロビンソンクルーソーのように思えるのだった。

                   次はヤフーブログへ。

« 秘密儀軌ツアー 三ー26ーb3 | トップページ | 秘密儀軌ツアー 三ー26ーb5 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1961729/73553983

この記事へのトラックバック一覧です: 秘密儀軌ツアー 三ー26ーb4:

« 秘密儀軌ツアー 三ー26ーb3 | トップページ | 秘密儀軌ツアー 三ー26ーb5 »