« ナポレオン大神とアメリア大神によるつぬぶて山神行13 | トップページ

2018年11月 8日 (木)

秘密儀軌ツアー 三−26−c14

 ナポレオン49日行 十四巡目の三

 gooブログからのつづき

 ガニメデは大きな星で十神界扱いされているとはいえ、衛星であることに変わりはなく、世界レベル的には月以下の堕落界となっている。この星は木星の衛星なのでそちらとの回路が開かれているはずなのであるが、木星が潰れ形になっているせいで、木星には行かれないとのことであった。そのため月へ上がっていかなくてはならないのだという。

 月へ上がっていくのは進化の行程だと思われるが、下降するコースがはっきりしない。木星が旧体制に乗っ取られて仕組みの正常な流れがとどこおっているせいでもあるのか、伏魔殿の色地獄に落ち込んでいるのかもしれない。

 ナポレオン組もそこまでの調査ができないまま、何もしないで帰ってきたように思われるが、それは佐田が自分の生活レベルの活動をしていて、十分に対応できてはいなかったことが原因だったのかもしれない。

                  続きはBIGLOBEウェブリブログへ。

« ナポレオン大神とアメリア大神によるつぬぶて山神行13 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1961729/74557224

この記事へのトラックバック一覧です: 秘密儀軌ツアー 三−26−c14:

« ナポレオン大神とアメリア大神によるつぬぶて山神行13 | トップページ