« 縄文はじめ宇宙のメンバー探し 4 | トップページ | ナポレオンの四十九日行 十五巡の四 »

2019年5月10日 (金)

縄文はじめ宇宙のメンバー探し 12

第十二拠点 グーグルのブロガーからの続き

 

 日峯大明神はナポレオンと同じで、過去の宇宙時代に佐田に対してよからぬことをしでかしてしまっているように思われる。実力があるだけに余計そういうことが起こってしまうことが周り中にあることは、はねっかえりと呼ぶ実力者達がコロコロやられてしまうことでもよくわかる。

 その背後でうごめく者が鵺(ぬえ)だということになると、かなりやっかいなことになる。鵺とは、機械体制に食われてしまった源の成れの果てで、無ルール無秩序、そして悪なので、少々の実力では対抗できない。ほとんどの宇宙がお手上げ状態になって廃墟化しているのでも、そのことがよくわかる。そちらに対抗するためには、こちらが源の善の側に立つしかない。しかし源は食い潰されてしまってもうない。

 日峯大明神をとっちめるためには、少々の対抗策では追いつかない。それなりの知恵がいるのであるが、首をはねたり、追い立てることはもうやり過ぎていて、それではとても追いつかないので、新しい手を考えることにした。夏目鏡子さんが新婚生活を始めてしまったので、そちらを尊重することにして、日峯大明神がやり終えて解消した日本の神社の五十か所に、総合先導役のこちらが仕組みの光を注ぎ込むことにしたのである。出歩かなくてもできることで対抗するしかないからである。

 

                                次はgooブログへ。

« 縄文はじめ宇宙のメンバー探し 4 | トップページ | ナポレオンの四十九日行 十五巡の四 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 縄文はじめ宇宙のメンバー探し 4 | トップページ | ナポレオンの四十九日行 十五巡の四 »